健康関連、環境改善の商品開発用素材
お問合わせはお気軽に
TEL:047-329-2420

●ミネラル溶出素材
●多孔質素材
●遠赤素材
●有機物分解除去素材
●水素発生素材
詳しくはこちら
水素商品ショッピングページ
活性酸素とは?

遠赤外線セラミックボール

遠赤外線セラミックボールについて

遠赤外線放射率は90%以上で、硬く焼域しているため、高温でも溶出物がなく、安全性の高いセラミックボールです。

スペックについて

品 名 遠赤外線セラミックボール
外 径 Φ5, 10 焼成温度 1,100℃
主 成 分 鉄、マンガン 発注ロッド 20kg
成 分
41.5 13.4 20.4 1.6 16.4
 
0.4 0.4 3.1 2.8  
使用環境 ・浄水器 ・サウナ ・油劣化抑制剤 ・活水器 ・床暖房 ・医療用
溶出の有無 無し 吸着の有無 無し
特徴 ・遠赤放射率 90%以上 ・クラスターの細分化 ・熱効率向上 ・油の重合結合抑制
・血液循環活性 ・新陳代謝の強化

チタンボール

チタンボールについて

《電磁波応答型、酸素欠乏傾斜型光触媒》
チタンボールは、TSCM(熱的衝撃表面処理法)と呼ばれている方法で製造され、装置として遊星ミルを用います。この遊星ミルを用いてチタンボールを製造する方法は、新しい方法であり、現在世界特許を申請中です。

《チタンボールの特徴》
チタン光触媒は効果が持続・・・チタン光触媒は接着剤・バインダーを必要としないため劣化がほとんどなく効果が長時間持続。

光触媒は幅広い電磁波に応答

TSCM処理技術で形成された皮膜は表面から中に入るに従って酸素がわずかに欠乏気味となる「酸素欠乏傾斜構造」といわれる構造を呈します。これが光触媒反応において単に紫外線に対してのみではなく、可視光線、赤外線、電波、X線などあらゆる電磁波に応答して触媒反応が起こる要因と推定されています。光触媒が「電磁波応答型光触媒」といわれるゆえんです。

チタンボールの機能と用途 (用途により外径は各種あります)

チタンボールは触媒作用で有機物を分解し、有機物が原因となる弊害を除去します。
また、光の当たらない処でも電磁波に応答し、その効果を発揮しますので、暗い処での使用が可能であります。
1.殺菌・消臭作用
・部屋の消臭
・トイレの消臭
・流し台、風呂の消臭・殺菌・ぬめりとり
・冷蔵庫の消臭、生鮮食品の鮮度保持
・乗用車内の消臭
・ペット臭の対策
2.水槽の浄化
・藻の発生の減少
・病気の発生の減少
・生臭いにおいが消える
・水の交換の必要がほとんどない
3.油の改質
・天ぷらの油の酸化防止
・軽油又は、重油の燃費節減と排ガスの黒煙量の低減
4.その他
脱臭・抗菌・防汚などに幅広く用いられており、環境改善用、エネルギー節約、排ガス改善など工業分野だけでなく、レジオネラ菌対策、アトピー対策など幅広い応用が可能です。

マグネシウム(チップ状)

マグネシウム(チップ状)について

純度99.9%の金属マグネシウムです。

成分表

Mg
99.919
Al
0.0192
Si
0.0198
Mn
0.0169
Fe
0.0039
Zn
0.0021
Cu
0.0009
Ni
0.0002